ビタミンC誘導体でベルブランの浸透効果は8倍!?

ベルブランはニキビのシミを改善することができる美容液ですが、ニキビのシミを改善するには皮膚の外面からだけでなく、内面からもケアする必要があるのです。

しかし内面からケアするといっても美容液や化粧水の成分が皮膚の内部まで浸透しなければ内部からケアすることは出来ません。

ですからニキビに効果が高い美容液や化粧水というのは浸透効果が高いものとも言えます。(配合西部によっても異なります)

ベルブランは他のニキビケア美容液と比べても浸透効果が高いと言われていますが、なぜ浸透効果が高いと言えるのでしょうか?

それはベルブランの成分の1つである「ビタミンC誘導体」が配合されているからです。

この記事ではそんなベルブランのビタミンC誘導体の特徴について紹介していきたいと思います。

 

ベルブランの効果はビタミンC誘導体がもたらす

いきなりビタミンC誘導体って言われても「なに?」って感じだと思いますよね。

まず初めにビタミンC誘導体はビタミンCおは違うということを覚えておきましょう。ビタミンCは化粧水などに配合されていますが、熱に弱く肌への浸透効果が低いのが特徴です。浸透効果が低いという事はニキビへの効果も低いという事になります。そこでビタミンC誘導体が開発されました。ビタミンCが配合されている美容液に比べてビタミンC誘導体が配合されている美容液の浸透効果は8倍と言われています。

そんなビタミンC誘導体の効果としましては、

  • 肌のコラーゲンの生成を促す
  • 皮脂を抑える効果
  • シミの原因であるメラニン生成を抑制

といったような効果が期待でいます。

ニキビやニキビ跡全般(ニキビ・ニキビ跡・シミ・クレーター肌・赤み)に効果が期待できるので、ベルブランに配合されているのです。

ベルブランの成分表を見てもビタミンC誘導体といった表記はされておらず専門表記で記載されています。3-O-エチルアスコルビン酸という成分名で表記されています。

 

ベルブランに配合されているビタミンC誘導体はプロ仕様

ビタミンC誘導体がニキビに良いというならビタミンC誘導体が配合されているものは全部良いんだな!と思われがちですが、ビタミンC誘導体にはグレードがあるのです…。グレードによってニキビへの浸透効果は異なりますので、当然ニキビやシミへの効果も異なってきます。

グレードには3段階ありますが、ベルブランではその中で最高品質のビタミンC誘導体を配合していました。

市販などで販売されている化粧品では見られない高品質なビタミンC誘導体(クリニックなどで使用されるレベル)を配合していますので、効果に期待ができますよね!