ベルブランはニキビ跡専用の美容液です。ベルブランはシミや色素沈着を改善することで口コミで人気となっていますが、ニキビ跡というとクレーターニキビ跡がありますよね?

クレーターニキビ跡は同じニキビ跡でもなかなか治りづらい特徴があるのですが、はたしてベルブランでは綺麗に改善することが出来るのでしょうか?

この記事ではベルブランとクレーターニキビ跡の改善の関係性について紹介していきたいと思います。

クレーターニキビ跡を

クレーターニキビ跡というと、月面にある凸凹としたクレーターのようなニキビ跡の事を言います。ニキビ跡の中でも一番治りが遅い特徴があります。

それもそのはず。

クレーターニキビというのは皮膚が破壊された状態なのです!つまり怪我をしている状態!

これではなかなか治らないのは納得です。

このようなクレーターニキビ跡が出来る原因にはいくつか原因がありますが、大きな要因としてターンオーバーが乱れているからということが挙げられます。

クレーターニキビ跡というのはニキビ跡が治らずにこじらせて出来た深刻なニキビ跡なのです。普通はクレーターまで深刻な状況にならないのですが、ターンオーバーが乱れていると、普通のニキビ跡からクレーターニキビ跡へと変化します。

 

ターンオーバーが乱れる原因は以下のような事が挙げられます。

  • ストレス
  • ホルモンの乱れ
  • 食生活の偏り
  • 生活習慣の乱れ

このような要因がターンオーバーの乱れを招き、クレーターニキビ跡を作り、毛穴を広げたり凹凸が出来る原因となります。

 

ですのでクレーターニキビ跡の発生を防ぐためにはターンオーバの乱れを改善させてあげる必要があるのです。

 

ベルブランでクレーターニキビ跡は改善可能?

しかし気になるのは出来てしまったクレーターニキビ跡の改善方法ですよね?

ベルブランではクレーターニキビ跡は改善することが出来るのでしょうか?

 

結論としましては、ベルブランでクレーターニキビ跡を改善する働きに期待が出来ます。しかし完全に完治するのは時間がかかるかと思います。

ベルブランでクレーターニキビ跡に効果が期待できる成分とすると以下の成分が考えられます。

  • フルーツエキス
  • コラーゲン
  • グリチルリチン酸2K

これらの成分が凹んだ皮膚をふっくらさせてクレーターを目立たなくさせる働きに期待が出来ます。

クレーターニキビ跡はニキビ跡の中でも一番治りが遅いニキビ跡で、いわば傷跡です。完全に改善するならば、ベルブランなどの美容液で自宅で改善するのではなく、専門の美容クリニックで診療するのをおすすめます。

 

ベルブランはニキビ跡専用美容液で、口コミでもシミや色素沈着を改善できると評判です。

そんなベルブランを調べていると「医薬部外品」といった記載がされていることに気づきました。

  • 医薬部外品って何がいいの?
  • 危険だと医薬部外品がつくの?

といった事が気になるかと思います。

そこでベルブランの医薬部外品について調べてみました。

 

医薬部外品って何?

そもそも医薬部外品ってなんなのかを解説していきますね。

医薬部外品と聞くと多くの人が「効果が高そう」と思われるのですが、実際に効果が高いのは事実です。しかしそれは化粧品に比べたらの話であって、医薬品と比べると怠っている部分が多いのも事実です。

 

ニキビケアなどで使われるスキンケア品は、大きく分けて3つに分類することが出来ます。

  1. 医薬品
  2. 医薬部外品
  3. 化粧品

それぞれ目的が変わってるんです。

 

医薬品は病院などで治療や処方箋をもらって使うも治療が目的とされています。

ベルブランに当てはまっている医薬部外品は防止や衛生を目的とされています。

化粧品は衛生や美化を目的とされています。

 

ベルブランは「シミを防ぐ」といった目的があるので、医薬部外品に指定されています。この医薬部外品は厚生労働省から認可を受けなければ使用することができません

認可を受けるためには、厚生労働省が認可した美白効果に期待ができる成分を一定量配合する必要があるのです。

 

ベルブランに配合されている医薬部外成分は2種類

 

ベルブランに配合されている医薬部外成分は2種類あります。

  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸

これら2つの成分がニキビ跡のシミにアプローチをして美白にする働きに期待ができます。

 

ビタミンC誘導体はニキビやニキビ跡の改善に相性が良いのが特徴です。

ビタミンC誘導体の効果については以下のような働きが期待できます。

  • コラーゲン合成を促す
  • 皮脂を抑える
  • メラニン生成を抑える
  • 炎症を抑制する
  • ターンオーバーの促進

ビタミンC誘導体にはいくつか種類があるのですが、ベルブランに使用されているビタミンC誘導体は美容クリニックで使用されているような最高レベルのものを配合されていました。浸透力が高く効果の持続時間が長いのが特徴です。

 

これらの成分の危険性については低く「安全」と言えるでしょう。

 

ベルブランは添加物を排除して作られており、8つの無添加を実現しています。副作用やアレルギーなども考慮して、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使える様になっています。

 

まとめ

以上のことをまとめると

ベルブランは厚生労働省が認めた美白成分を配合しているので医薬部外品に指定されている。

ベルブランに配合されている医薬部外成分は2種類↓

  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸

どちらも安全性が高い成分で、ベルブランも無添加で作られているので安全度が高い。

ということが分かりました!

ベルブランはニキビの染みを取り除き、美白に導く事ができる美容液です。口コミでも評判が良いベルブランではありますが、ニキビがある顔に塗るわけですから安全性が心配ですよね?

  • 私は敏感肌だけど使っても問題はないのかな?
  • 肌荒れや副作用が心配でなかなか一歩が踏み出せない

そのような方達は多いかと思います。

この記事ではベルブランの成分について敏感肌の方が使っても肌荒れや副作用の心配はないのか調べてみました。

ベルブランの全成分表

ベルブランは以下の成分が配合されています。


ラネキサム酸、グリチルリチン酸2K、ヒドロキシエチルセルロース、キサンタンガム、BG、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマーアルギニン、”POE(40)硬化ヒマシ油、1,2-ペンタンジオール、水添大豆リン脂質、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸ヒアルロン酸Na-2、エクトイン、油溶性甘草エキス、水溶性コラーゲン液-4、加水分解コラーゲン末、アーティチョークエキス、アセチルチロシン酢酸チロシン、牡丹エキス、カッコンエキス、プルーン酵素分解物、テンニンカ果実エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、シルバーバイン果実エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、アマチャヅルエキス、スターフルーツ葉エキス、セイヨウナシ果汁発酵液、カンゾウ葉エキス、党参抽出物加水分解液、アルピニアカツマダイ種子エキス、カモミラエキス-1、フェノキシエタノール、精製水


正直これだけ見てもわかりませんよね。敏感肌でも使用できるのか詳しく解説していきます。

敏感肌でも安心の無添加成分

ニキビにとって刺激は絶対に避けなくてはいけない問題です。そして敏感肌の方がニキビに悩まされているのでしたら、より一層刺激には注意をしなければなりません。

「ベルブランは刺激は大丈夫なの?」って心配になるかと思いますが、安心してください。ベルブランは敏感肌にとってとっても安全と言えるでしょう。

その根拠としましては無添加成分ということが挙げられます。

ベルブランでは以下のような刺激成分は一切配合されていません。

  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • 鉱物油
  • パラベン
  • 動物性原料
  • 合成香料
  • 石油系界面活性剤
  • タール系色素

これらが配合されている美容液や化粧水というのは、敏感肌でニキビに悩んでいる方はまず避けておきたい成分ベスト8とも言えるでしょう。

アレルギーやホルモンバランスを崩す成分や、皮膚炎にしたり肌のバリア機能を弱める成分、肌に浸透しにくくさせる効果がある成分などが揃っています。

繰り返しますが、ベルブランではそのような成分は一切配合されていませんのでご安心ください

ベルブランは成分を見ればニキビに優しく敏感肌に優しく作られているということが分かりました。

 

色素沈着に効果的な理由

ベルブランがニキビ跡のシミ(色素沈着)に効果的な理由をご存知ですか?

それはとある成分が配合されているからなのです!

その成分というのが

  • 油溶性甘草エキス
  • トラネキサム酸

の2つの成分です。

この2つの成分はベルブランの中核的成分となっており、ベルブランを代表する成分ですので一緒にご紹介しますね。

ベルブランのシミ(色素沈着)の仕組みは、まず初めに油溶性甘草エキスが肌に浸透していきます。この成分はナノ化(小さく)している為、肌に浸透しやすいのが特徴です。

その後美白成分のトラネキサム酸が肌に浸透することで、肌の内面からシミ(色素沈着)の改善をアプローチすることが出来ます。

ベルブランは医薬部外品

ベルブランは医薬部外品です。

医薬部外品って何?といった方に簡単に解説すると、国の厚生労働省が効果に有効と認可した成分が一定数配合されている美容液や化粧品のことです。

つまり、ベルブランの効果は国に認めれていますよ~ってことです。(厳密には違いますが、認められた成分が一定数配合されていますから市販のよくわからない美容液や化粧品よりは期待値が高いですよね)

ベルブランに配合されている医薬部外成分は以下の成分です。

  • トラネキサム酸

さきほど紹介したトラネキサム酸の美白効果が認められているということですね!

この成分は美白効果の他に、

  • 皮膚の赤み
  • かぶれ

などにも効果が期待できます。

これは期待できますね((o(´∀`)o))ワクワク

 

ベルブランの口コミも評判がいいですよ!▶詳しくはこちら

 

ベルブランはニキビ跡のシミ(色素沈着)を改善することができる美容液です。

ベルブランはブースター美容液と呼ばれる種類の美容液であり、ベルブランの次に使用する化粧水の浸透効果を高める効果があるのをご存知ですか?

もちろんベルブランにもシミを改善させる美白効果がありますが、化粧水の選び方一つでベルブランの効果を数倍に増加させることが出来るってご存知ですか?

化粧水といったらドラッグストアや薬局などでも人気の「ハトムギ化粧水」ですが、ハトムギ化粧水とベルブランと併用して効果を発揮することは出来るのでしょうか?

ハトムギ化粧水はベルブランとの併用には不向き

早速答えになってしまいましたが、ハトムギ化粧水はベルブランとの併用には不向きです。というより併用をやめたほうがニキビやシミにとって良いかもしれません。

ニキビを改善する上で絶対的に必要な条件は、刺激を与えないことでしたよね?

ニキビにとって刺激とは様々な要因が考えられますが、

  • 直接触ってしまう刺激
  • アルコールなどの成分による刺激
  • 肌の乾燥により刺激

などといった要因の中で、ハトムギ化粧水はいくつ当てはまってしまうでしょうか?正解は2つです。直接触ってしまうなどは意識すれば問題ありませんが、アルコールといった成分や、肌の乾燥などは化粧水の選び方1つで避けることが出来ます。

ハトムギ化粧水の成分一覧↓

水、DPG、BG、グリセリン、ハトムギエキス、グリチルリチン酸2K、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

ハトムギ化粧水の刺激について

ハトムギ化粧水には

  • アルコールなどの成分による刺激
  • 肌の乾燥により刺激

といった刺激の恐れがあるということが理解できたかと思いますが、

もう少し詳しく解説していきますね。

 

ハトムギ化粧水にはエタノールが含まれています。エタノール=アルコールということは言うまでもありませんが、アルコールが含まれていると乾燥を招いてしまう恐れがあるのです。

エタノールは揮発性が高くアルコールが蒸発すると同時に肌の水分も一緒に持ってかれる恐れがあるのです。

乾燥がニキビ肌にとって一番注意しなくてはならないとお伝えしましたが、化粧水に入っているということはアウトですね!

とはいいつつも、ハトムギエキスは保湿効果が高い成分が配合されていました。また、抗炎症作用などの働きがあるためニキビ肌には効果的とも言えます。

ただ、私としてはアルコールが刺激に繋がるということは重々承知してるため避けますね。

 

ニキビのシミを改善する成分は不使用

ハトムギ化粧水には、新陳代謝を促進する成分が配合されてはいますが、ニキビのシミに直接アプローチをしてくれる成分は配合されていません。

ニキビのシミにはベルブランがあるから良いでしょう!などと考える方もいると思いますが、非常に勿体無いです。ベルブランの特徴の1つであるブースター美容液の機能をハトムギ化粧水を選ぶことによって、潰してしまっているのです。

世の中にはニキビのシミにアプローチ出来る成分が配合されている化粧水が販売されていますよ?

ニキビ跡のシミに直接アプローチできる成分として、ビタミンC誘導体が挙げられます。この成分はターンオーバー(新陳代謝)を促進させる効果がある他、ニキビのシミを改善させる効果にも期待ができます。ベルブランと併用する化粧水には、ビタミンC誘導体が配合されている化粧水を選んでみてください。

 

まとめ

以上のことをまとめると

  • ハトムギ化粧水はエタノール成分が配合されているからニキビには危険
  • ニキビのシミ(色素沈着)に直接アプローチできる成分が配合されていない

よって、ハトムギ化粧水はベルブランとの併用には不適切と言えるでしょう。

ベルブランはニキビのシミを改善することのできるニキビ専用美容液です。

そんなベルブランと比較される商品としてリプロスキンが挙げられます。

ベルブランとリプロスキンどちらを選べば良いのかな?と思われるかと思いますが、ベルブランとリプロスキンは併用することが可能です。というより併用した使い方をしたほうが効果を上げることが出来ます!

ただし併用する場合には使用する順番が重要になってきます。

この記事ではベルブランとリプロスキンの正しい併用方法について紹介していきたいと思います。

 

ベルブランは後に使用!

結論としましては、

  • リプロスキンは先
  • ベルブランは後

といった順番で使用してください。

実はベルブランもリプロスキンも成分的にはあまり変わらないのです。こういった成分があまり変わらない複数の化粧水・美容液を併用して使用する場合には、とろみが少ないサラサラとしたものから使用するのが正しい併用方法です。

  • リプロスキンは化粧水
  • ベルブランは美容液

といったことからもリプロスキンはサラサラとした肌触りとなっていますので、リプロスキンを先に使用してください。

ベルブランはブースター美容液と呼ばれており、ベルブランの後に使用する化粧水の浸透効果を高めることが出来ますが、リプロスキンに関しましてはベルブランよりも先に使用してください。

リプロスキンにもブースター機能はあり、ベルブランの浸透効果をより高めることができるからです。

ですのでベルブランとリプロスキンを併用した正しい使い方の順番としましては、

  • 洗顔をして汚れを落とす
  • リプロスキンでベルブランの浸透効果を高める
  • ベルブランで化粧水の浸透効果を高める
  • 化粧水で保湿やケア
  • 乳液やクリームでケア

といった順番になります。

ベルブランの成分の浸透効果を高める方法

先にリプロスキンを使用することでベルブランの浸透効果を高めることができるということは分かりましたが、リプロスキンとベルブランを両方買うのは金銭的に不安…といった方もいるかと思います。

ベルブランとリプロスキンをどちらかしか購入出来ないといった方はベルブランの購入をおすすめします。

ベルブランはニキビやシミへの様々なニキビの悩みを改善する効果に期待ができます。

また、リプロスキンを使用しないでベルブランの浸透効果を高める方法はあります。

それはコットンパックをした使用方法です。

ベルブランを染み込ませたコットンで顔全体を数分間パックするだけで、ただベルブランを塗るだけに比べて圧倒的に浸透効果に違いが出てきますので、是非試してみてくださいね!

ベルブランはニキビのシミを改善することができる美容液ですが、ニキビのシミを改善するには皮膚の外面からだけでなく、内面からもケアする必要があるのです。

しかし内面からケアするといっても美容液や化粧水の成分が皮膚の内部まで浸透しなければ内部からケアすることは出来ません。

ですからニキビに効果が高い美容液や化粧水というのは浸透効果が高いものとも言えます。(配合西部によっても異なります)

ベルブランは他のニキビケア美容液と比べても浸透効果が高いと言われていますが、なぜ浸透効果が高いと言えるのでしょうか?

それはベルブランの成分の1つである「ビタミンC誘導体」が配合されているからです。

この記事ではそんなベルブランのビタミンC誘導体の特徴について紹介していきたいと思います。

 

ベルブランの効果はビタミンC誘導体がもたらす

いきなりビタミンC誘導体って言われても「なに?」って感じだと思いますよね。

まず初めにビタミンC誘導体はビタミンCおは違うということを覚えておきましょう。ビタミンCは化粧水などに配合されていますが、熱に弱く肌への浸透効果が低いのが特徴です。浸透効果が低いという事はニキビへの効果も低いという事になります。そこでビタミンC誘導体が開発されました。ビタミンCが配合されている美容液に比べてビタミンC誘導体が配合されている美容液の浸透効果は8倍と言われています。

そんなビタミンC誘導体の効果としましては、

  • 肌のコラーゲンの生成を促す
  • 皮脂を抑える効果
  • シミの原因であるメラニン生成を抑制

といったような効果が期待でいます。

ニキビやニキビ跡全般(ニキビ・ニキビ跡・シミ・クレーター肌・赤み)に効果が期待できるので、ベルブランに配合されているのです。

ベルブランの成分表を見てもビタミンC誘導体といった表記はされておらず専門表記で記載されています。3-O-エチルアスコルビン酸という成分名で表記されています。

 

ベルブランに配合されているビタミンC誘導体はプロ仕様

ビタミンC誘導体がニキビに良いというならビタミンC誘導体が配合されているものは全部良いんだな!と思われがちですが、ビタミンC誘導体にはグレードがあるのです…。グレードによってニキビへの浸透効果は異なりますので、当然ニキビやシミへの効果も異なってきます。

グレードには3段階ありますが、ベルブランではその中で最高品質のビタミンC誘導体を配合していました。

市販などで販売されている化粧品では見られない高品質なビタミンC誘導体(クリニックなどで使用されるレベル)を配合していますので、効果に期待ができますよね!

 

ベルブランはニキビ跡のシミを美白にすることのできる美容液ですが、近年は男性にも美的思考が来ており、男性であってもスキンケアをする人も多くなってきています。

顔のお悩みといったらまずニキビが挙げられますよね。

ニキビのシミを改善したいけどどうすればいいか分からない…

そういった方におすすめなのがベルブランです。ベルブランにはとある成分が配合されており、この成分によって男性のニキビ跡のシミに効果的なんです。

ベルブランの成分と男性の肌への効果とは?

「そもそもベルブランって女性用なのでは?」などと考える方も多いと思いますが、ベルブランは女性向けに販売されていますが、男性でも使うことが出来ます。ニキビのできる仕組みとしましては男性であっても女性であっても変わらず、シミのできる仕組みも男性であっても女性であっても同じなのです。よって、ベルブランは男性でも使えるということは抑えておきましょう。

そしてベルブランは男性の肌に使えるというだけでなく効果的ということもあります。

それはベルブランに以下の成分が配合されているからです。

  • 油溶性甘草エキス
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

それぞれ詳しく解説していきたいと思います。

男性の肌はニキビができやすいからベルブラン

男性の肌はとてもニキビができやすいです。これは「男性だから」というよりは「皮脂の分泌が多いから」といった方が的確でしょう。ニキビができる原因としましては、皮脂が毛穴に詰まり、炎症を起こすことにより出来ます。ですから女性であっても男性ホルモンが多く、皮脂の分泌が多い方はニキビができやすい傾向にあります。

ベルブランには以下の成分が配合されています。

  • 油溶性甘草エキス
  • トラネキサム酸

これらの成分が肌の奥深くまで浸透することにより、皮膚の赤みやかぶれが改善する他、ニキビができるのを予防することかにも期待ができます。ニキビができやすい男性にとって嬉しい効果かと思います。

男性の肌は皮膚が厚いからベルブラン

男性の肌は皮膚が分厚く、ゴワゴワとしています。実はこの皮膚の厚さと硬さの影響で美容成分が浸透しづらくなっているのです。今まで化粧水を使ってみたけどいまいち効果が実感できないといった男性の方は多いのではないでしょうか?ニキビケアの商品は皮膚の内側から改善しなければ意味がありませんので、皮膚への美容成分の浸透効果が重要になってきます。

ベルブランでは以下の成分が配合されています。

  • ビタミンC誘導体

この成分により硬い男性の皮膚であっても成分が浸透しやすくなっているのです。つまり男性であってもニキビやシミへの効果が発揮しやすくなっているということです。この成分は国にも効果が認められている成分ですので男性でも効果が期待できますね。

男性の肌は乾燥しやすいからベルブラン

男性の肌は女性に比べて乾燥しやすくなっています。乾燥肌は仕方ないと思われるかと思いますが、ニキビで悩んでいる方には注意が必要です。ニキビは乾燥が大敵で乾燥してしまうとニキビがなかなか治らない他に跡として残ってしまう恐れがあります。

ニキビできる→乾燥→悪化→シミとして残る→ニキビできる→…

そんな最悪な状況にならないためにもベルブランには以下の成分が配合されています。

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

これらの成分は保湿成分で、男性の乾燥気味な肌を守ってくれます。保湿はニキビを治す上で非常に重要な要素になってくるためベルブランでは高品質な保湿成分を配合していました。

ニキビには様々な種類がありますが、大きく分けると2種類に分類することが出来ます。

  • 思春期ニキビ
  • 大人ニキビ

の2つです。

今回は大人ニキビに絞って、大人ニキビが出来る原因と正しいケア方法まで紹介していきたいと思います。

大人ニキビの特徴と出来る原因とは?

大人ニキビの定義としましては、「20歳を過ぎてから出来るニキビ」です。

思春期ニキビは額や鼻などの皮脂が過剰に分泌される部位にできやすいのですが、大人ニキビは頬やあごなどの口周りや首まわりなどにできやすいのが特徴です。

思春期ニキビはホルモンバランスの影響で出来るのに対し、大人ニキビはストレスや食生活などで出来るのがほとんどです。

そのため、思春期ニキビはケアをしなくても長くても4年程度で完治するのに比べて、大人ニキビは原因を特定しないと長期化しやすのが特徴です。

そんな大人ニキビの原因としましては以下の要因が考えられます。

  • 睡眠不足
  • 食生活
  • ストレス
  • 乾燥

また、ホルモンバランスの変化などでも大人ニキビはできやすくなりますので、女性の場合は妊娠するといきなりニキビが出来やすくなるといった事も見られます。

また、皮膚への刺激でも大人ニキビはできやすくなりますので、男性の場合は髭剃りなどでもニキビが出来やすくなります。女性の場合はメイクなどでもニキビの原因となる恐れがあります。

大人ニキビの正しいケア方法

大人ニキビを正しくケアをするためには、ニキビが出来た原因を探さなくてはいけません。

何かしら要因があるのは間違いないので1つ1つ要因となる可能性を見直していかなければいけません。

睡眠不足を改善

ニキビを治すための皮膚の細胞は寝ている間に再生されます。よってニキビを治すためには睡眠は絶対に必要と言えるでしょう。質の良い睡眠をすることによってニキビを短時間で改善させることが出来るでしょう。

食生活の改善

人間の体は日頃口にしたもので出来ています。ダイエットにより偏った食生活などをしていると皮膚の再生の妨げになってしまいます。栄養を考えたバランスの良い食事をすることを心がけましょう。また、ニキビに対してはビタミンが良いとされていますので、ビタミンを多く摂取するよう意識してみてください。

ストレスをためない

ストレスは人を殺します。ストレスにより皮膚の免疫力が低下し、ニキビが悪化する恐れがあります。またストレスにより睡眠が不足したり食生活が偏ったりする原因にもなりますので、ストレスは絶対にためないように意識してください。

 

まとめ

ニキビは早期に改善しなければシミとなり跡が出来てしまいます。場合によってはクレーターニキビと呼ばれる一生治らないニキビ跡が出来てしまう恐れもあります。

出来てしまったニキビはニキビ跡専用の美容液「ベルブラン」などで改善することが可能です。

ニキビは性別や年齢に問わず、誰でも一度は悩んだ事があるのでは無いでしょうか?

  • ニキビが治りそうと思ったら次のニキビが…
  • やっとニキビが治ったら次のニキビが…

といった事で悩まされていませんか?

そもそもニキビは何故出来るのかといった事を理解しなければ、なかなかニキビのループからは抜けることが出来ません。

白ニキビ・赤ニキビ・黒ニキビの出来方を理解しておくことで効果的なケア方法が出来るでしょう。

 

ニキビはナゼ出来る?

そもそもニキビはナゼ出来るのか?簡単に言うと毛穴に皮脂が詰まって炎症が起きたと言えます。

ニキビの出来る流れ↓

  1. 毛穴に皮脂が詰まる
  2. 毛穴にアクネ菌が増殖
  3. 毛穴が炎症を起こす

このような流れになっているのですが、思春期(10から18歳くらい)に出来るニキビを思春期ニキビと呼びます。これはホルモンバランスによる影響で出来るニキビです。ホルモンバランスが悪くなるとニキビができやすくなり、女性の場合、妊娠中などでもニキビができやすい傾向にあります。

思春期では男性も女性も男性ホルモンが多く分泌される為、皮脂が増加します。

男性ホルモン増加 → 皮脂の増加 → ニキビ

ニキビの原因である皮脂が過剰に分泌されることによりニキビができるわけです。

その他の原因としましては

  • 体質や肌質により汗(皮脂)分泌が多い
  • ストレスを抱えている
  • 不規則な食生活・睡眠をしている

といった方もニキビができやすい傾向にあります。中学生や高校生はホルモンバランスで皮脂が活発になりやすく、受験などでストレスや睡眠不足になりがちですのでニキビができやすい傾向にあります。

白ニキビ・赤ニキビ・黒ニキビの違い

ここではニキビの種類とニキビの出来る仕組みについて解説していきます。

  1. 毛穴に皮脂が詰まり白ニキビができる。ニキビの見た目は白く盛り上がっています。
  2. 炎症が起きると赤ニキビに進化します。ニキビの見た目は赤く盛り上がっています。
  3. 毛穴が開いて白ニキビの皮脂が酸化すると黒ニキビになります。見た目は黒い点がある状態です。
  4. 膿が毛穴の中で溜まると最悪な状態。黄色くなっていることから黄ニキビとも呼ばれます。

簡単に分けるとこのような状態になります。

上ほど症状が軽度で、下ほど症状が重症です。ニキビができてからのケア次第で症状は変わり、ニキビの跡も最小限に抑えることが出来ますので、ニキビが出来たら放置せずに正しいケアをしてください。

それでもニキビの跡が出来てしまった場合にはニキビ跡にシミを綺麗にする美容液(ベルブランなど)なども販売されていますので参考にしてみてくださいね。