ベルブランと併用する化粧水「ハトムギ化粧水」成分は大丈夫?

ベルブランはニキビ跡のシミ(色素沈着)を改善することができる美容液です。

ベルブランはブースター美容液と呼ばれる種類の美容液であり、ベルブランの次に使用する化粧水の浸透効果を高める効果があるのをご存知ですか?

もちろんベルブランにもシミを改善させる美白効果がありますが、化粧水の選び方一つでベルブランの効果を数倍に増加させることが出来るってご存知ですか?

化粧水といったらドラッグストアや薬局などでも人気の「ハトムギ化粧水」ですが、ハトムギ化粧水とベルブランと併用して効果を発揮することは出来るのでしょうか?

ハトムギ化粧水はベルブランとの併用には不向き

早速答えになってしまいましたが、ハトムギ化粧水はベルブランとの併用には不向きです。というより併用をやめたほうがニキビやシミにとって良いかもしれません。

ニキビを改善する上で絶対的に必要な条件は、刺激を与えないことでしたよね?

ニキビにとって刺激とは様々な要因が考えられますが、

  • 直接触ってしまう刺激
  • アルコールなどの成分による刺激
  • 肌の乾燥により刺激

などといった要因の中で、ハトムギ化粧水はいくつ当てはまってしまうでしょうか?正解は2つです。直接触ってしまうなどは意識すれば問題ありませんが、アルコールといった成分や、肌の乾燥などは化粧水の選び方1つで避けることが出来ます。

ハトムギ化粧水の成分一覧↓

水、DPG、BG、グリセリン、ハトムギエキス、グリチルリチン酸2K、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

ハトムギ化粧水の刺激について

ハトムギ化粧水には

  • アルコールなどの成分による刺激
  • 肌の乾燥により刺激

といった刺激の恐れがあるということが理解できたかと思いますが、

もう少し詳しく解説していきますね。

 

ハトムギ化粧水にはエタノールが含まれています。エタノール=アルコールということは言うまでもありませんが、アルコールが含まれていると乾燥を招いてしまう恐れがあるのです。

エタノールは揮発性が高くアルコールが蒸発すると同時に肌の水分も一緒に持ってかれる恐れがあるのです。

乾燥がニキビ肌にとって一番注意しなくてはならないとお伝えしましたが、化粧水に入っているということはアウトですね!

とはいいつつも、ハトムギエキスは保湿効果が高い成分が配合されていました。また、抗炎症作用などの働きがあるためニキビ肌には効果的とも言えます。

ただ、私としてはアルコールが刺激に繋がるということは重々承知してるため避けますね。

 

ニキビのシミを改善する成分は不使用

ハトムギ化粧水には、新陳代謝を促進する成分が配合されてはいますが、ニキビのシミに直接アプローチをしてくれる成分は配合されていません。

ニキビのシミにはベルブランがあるから良いでしょう!などと考える方もいると思いますが、非常に勿体無いです。ベルブランの特徴の1つであるブースター美容液の機能をハトムギ化粧水を選ぶことによって、潰してしまっているのです。

世の中にはニキビのシミにアプローチ出来る成分が配合されている化粧水が販売されていますよ?

ニキビ跡のシミに直接アプローチできる成分として、ビタミンC誘導体が挙げられます。この成分はターンオーバー(新陳代謝)を促進させる効果がある他、ニキビのシミを改善させる効果にも期待ができます。ベルブランと併用する化粧水には、ビタミンC誘導体が配合されている化粧水を選んでみてください。

 

まとめ

以上のことをまとめると

  • ハトムギ化粧水はエタノール成分が配合されているからニキビには危険
  • ニキビのシミ(色素沈着)に直接アプローチできる成分が配合されていない

よって、ハトムギ化粧水はベルブランとの併用には不適切と言えるでしょう。