ベルブランは医薬部外品!これって何の意味があるの?成分?

ベルブランはニキビ跡専用美容液で、口コミでもシミや色素沈着を改善できると評判です。

そんなベルブランを調べていると「医薬部外品」といった記載がされていることに気づきました。

  • 医薬部外品って何がいいの?
  • 危険だと医薬部外品がつくの?

といった事が気になるかと思います。

そこでベルブランの医薬部外品について調べてみました。

 

医薬部外品って何?

そもそも医薬部外品ってなんなのかを解説していきますね。

医薬部外品と聞くと多くの人が「効果が高そう」と思われるのですが、実際に効果が高いのは事実です。しかしそれは化粧品に比べたらの話であって、医薬品と比べると怠っている部分が多いのも事実です。

 

ニキビケアなどで使われるスキンケア品は、大きく分けて3つに分類することが出来ます。

  1. 医薬品
  2. 医薬部外品
  3. 化粧品

それぞれ目的が変わってるんです。

 

医薬品は病院などで治療や処方箋をもらって使うも治療が目的とされています。

ベルブランに当てはまっている医薬部外品は防止や衛生を目的とされています。

化粧品は衛生や美化を目的とされています。

 

ベルブランは「シミを防ぐ」といった目的があるので、医薬部外品に指定されています。この医薬部外品は厚生労働省から認可を受けなければ使用することができません

認可を受けるためには、厚生労働省が認可した美白効果に期待ができる成分を一定量配合する必要があるのです。

 

ベルブランに配合されている医薬部外成分は2種類

 

ベルブランに配合されている医薬部外成分は2種類あります。

  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸

これら2つの成分がニキビ跡のシミにアプローチをして美白にする働きに期待ができます。

 

ビタミンC誘導体はニキビやニキビ跡の改善に相性が良いのが特徴です。

ビタミンC誘導体の効果については以下のような働きが期待できます。

  • コラーゲン合成を促す
  • 皮脂を抑える
  • メラニン生成を抑える
  • 炎症を抑制する
  • ターンオーバーの促進

ビタミンC誘導体にはいくつか種類があるのですが、ベルブランに使用されているビタミンC誘導体は美容クリニックで使用されているような最高レベルのものを配合されていました。浸透力が高く効果の持続時間が長いのが特徴です。

 

これらの成分の危険性については低く「安全」と言えるでしょう。

 

ベルブランは添加物を排除して作られており、8つの無添加を実現しています。副作用やアレルギーなども考慮して、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使える様になっています。

 

まとめ

以上のことをまとめると

ベルブランは厚生労働省が認めた美白成分を配合しているので医薬部外品に指定されている。

ベルブランに配合されている医薬部外成分は2種類↓

  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸

どちらも安全性が高い成分で、ベルブランも無添加で作られているので安全度が高い。

ということが分かりました!