ベルブランの成分|敏感肌でも使って大丈夫?肌荒れや副作用の心配は?

ベルブランはニキビの染みを取り除き、美白に導く事ができる美容液です。口コミでも評判が良いベルブランではありますが、ニキビがある顔に塗るわけですから安全性が心配ですよね?

  • 私は敏感肌だけど使っても問題はないのかな?
  • 肌荒れや副作用が心配でなかなか一歩が踏み出せない

そのような方達は多いかと思います。

この記事ではベルブランの成分について敏感肌の方が使っても肌荒れや副作用の心配はないのか調べてみました。

ベルブランの全成分表

ベルブランは以下の成分が配合されています。


ラネキサム酸、グリチルリチン酸2K、ヒドロキシエチルセルロース、キサンタンガム、BG、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマーアルギニン、”POE(40)硬化ヒマシ油、1,2-ペンタンジオール、水添大豆リン脂質、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸ヒアルロン酸Na-2、エクトイン、油溶性甘草エキス、水溶性コラーゲン液-4、加水分解コラーゲン末、アーティチョークエキス、アセチルチロシン酢酸チロシン、牡丹エキス、カッコンエキス、プルーン酵素分解物、テンニンカ果実エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、シルバーバイン果実エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、アマチャヅルエキス、スターフルーツ葉エキス、セイヨウナシ果汁発酵液、カンゾウ葉エキス、党参抽出物加水分解液、アルピニアカツマダイ種子エキス、カモミラエキス-1、フェノキシエタノール、精製水


正直これだけ見てもわかりませんよね。敏感肌でも使用できるのか詳しく解説していきます。

敏感肌でも安心の無添加成分

ニキビにとって刺激は絶対に避けなくてはいけない問題です。そして敏感肌の方がニキビに悩まされているのでしたら、より一層刺激には注意をしなければなりません。

「ベルブランは刺激は大丈夫なの?」って心配になるかと思いますが、安心してください。ベルブランは敏感肌にとってとっても安全と言えるでしょう。

その根拠としましては無添加成分ということが挙げられます。

ベルブランでは以下のような刺激成分は一切配合されていません。

  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • 鉱物油
  • パラベン
  • 動物性原料
  • 合成香料
  • 石油系界面活性剤
  • タール系色素

これらが配合されている美容液や化粧水というのは、敏感肌でニキビに悩んでいる方はまず避けておきたい成分ベスト8とも言えるでしょう。

アレルギーやホルモンバランスを崩す成分や、皮膚炎にしたり肌のバリア機能を弱める成分、肌に浸透しにくくさせる効果がある成分などが揃っています。

繰り返しますが、ベルブランではそのような成分は一切配合されていませんのでご安心ください

ベルブランは成分を見ればニキビに優しく敏感肌に優しく作られているということが分かりました。

 

色素沈着に効果的な理由

ベルブランがニキビ跡のシミ(色素沈着)に効果的な理由をご存知ですか?

それはとある成分が配合されているからなのです!

その成分というのが

  • 油溶性甘草エキス
  • トラネキサム酸

の2つの成分です。

この2つの成分はベルブランの中核的成分となっており、ベルブランを代表する成分ですので一緒にご紹介しますね。

ベルブランのシミ(色素沈着)の仕組みは、まず初めに油溶性甘草エキスが肌に浸透していきます。この成分はナノ化(小さく)している為、肌に浸透しやすいのが特徴です。

その後美白成分のトラネキサム酸が肌に浸透することで、肌の内面からシミ(色素沈着)の改善をアプローチすることが出来ます。

ベルブランは医薬部外品

ベルブランは医薬部外品です。

医薬部外品って何?といった方に簡単に解説すると、国の厚生労働省が効果に有効と認可した成分が一定数配合されている美容液や化粧品のことです。

つまり、ベルブランの効果は国に認めれていますよ~ってことです。(厳密には違いますが、認められた成分が一定数配合されていますから市販のよくわからない美容液や化粧品よりは期待値が高いですよね)

ベルブランに配合されている医薬部外成分は以下の成分です。

  • トラネキサム酸

さきほど紹介したトラネキサム酸の美白効果が認められているということですね!

この成分は美白効果の他に、

  • 皮膚の赤み
  • かぶれ

などにも効果が期待できます。

これは期待できますね((o(´∀`)o))ワクワク

 

ベルブランの口コミも評判がいいですよ!▶詳しくはこちら